お子さんが高校受験をする際に、お子さんが行きたいと志望されている高校があれば、その学校に入学させてあげたいと思うのがご両親の願いではあるでしょう。しかし、ご両親の本音(ほとんどの人が実際にいうことと内心思っていることは畭なっていることが多いでしょう)としては、学費について不安に思う方も多くいらっしゃるでしょう。まず最初に端的に言ってしまいますと、公立高校と私立高校では学費の差は歴然です。今回はどういった面で公立と私立で学費に差が出て来るのかを説明していきたいと思うので、これを見て公立か私立か判断する参考にしてみて下さい。高校3年間の学費を見ていきますと、入学金・授業料・諸々の費用などといった総額の平均は、公立高校が150万円、私立高校ですと300万円です。公立高校と私立高校の違いのみで、約二倍も違いらっしゃるでしょうね。2倍と言う言葉(同じことでも言う人によって、また、聞く人によってかなり受け取られ方が畭なるものです)だけ見たら、そこまで差を感じないかもしれませんが、150万円も違ってくるとご両親も頭(いい、悪いなんてよくいいますが、単純に成績がいいだけでは幸せにはなれないことが多いでしょう)をかかえてしまうでしょう。学費のほかに掛かる費用としては、PTA(最近では参加する保護者が減っているともいわれています)会費であったり、生徒会費、通学費などが考えられますが、これらにはそんなに大きな差はないのです。でも、入学金は公立と私立で大きな差がありますね。公立の入学金が約6000円に対し、私立は約20から40万円程かかるだと思います。その上、私立高校には寄付金という物があることでしょう。寄付金は任意ですから、必ず支払わなくてはいけないものではないのです。ただ、その学校にもよるでしょうが、私立高校のほうが公立高校よりも遥かに費用が掛かってしまう事は間違いないでしょうー